汚いお話、臭いお話   

さっき、せっかく記事を書いたのに画面の上にあった新規画面を使用するなんてところを触ってしまって全部消えてしまった!!
邪魔だよ!!こんな所に、新しいシステムの誘導!!って、愚痴なんか書いたりしてみたよ。

気を取り直して・・・
文章だけですが。

数日間、忙しくパリへ行ったり来たりの日々の中で再認識した事を。
こちらに来て色んな場所で感じるくさい臭い。
犬や猫の物でない…。
(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)なんで!?

電車やメトロ、乗り換え通路や街の中、もちろん古い建物の片隅でも・・・
その原因を目撃した事も多々。
きちんとした身なりの紳士だったり若者、女性だった事も!!
なんでかなぁ・・・

そう遠くない昔、パリにはトイレが無かった。
アパートの中になんてトイレは無かった!
なので、窓から外に捨てるのが普通だったからその名残なのか!?
パリに無かったのだから、当然地方にもなかったのでしょう。
あの華やかなベルサイユ宮殿にも無かった!!
なので、あのふんわりしたドレスは、隠れてこっそり何をするのにはもってこいの衣装だったとか・・・
お風呂に、いや、シャワーを毎日浴びる週間も此処最近の事。
こちらに来た当初は本当に人も臭かった。
夏は辛かった・・・
未だに1週間に一度だって人もいる国だからしょうがないのかな・・・

とある寒い日の夕方、パリから戻って電車を降りてホームを歩いていると目の前に奇妙な夫婦?カップルが歩いてた、それも変なポーズを取りながら。
50代後半か60代前半と思われるお二人…
男性がタバコを片手に悪態をついている女性の首根っこあたる部分の服をつかんでしっかり持ち上げて。
ただの酔っ払い???ではな無かったぁ~
ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~
女性の腰の辺りが滲みてる~多分大きなおもらし!!
電車やメトロの中でヒヤッとするくらい強く臭って一瞬自分が座っている席を疑う事も何度もあったけど、実際そうであろう姿を目撃すると・・・ショック!

この女性が降りた後、電車の座席はどうなったんだろう・・・
日本のように毎回清掃した痕跡の無い電車(前の晩からのごみが散らかりっぱなしで運行してると思うの。)

とある晩、夜寝る前のサキのトイレタイムから家に戻る途中、目の前を歩く数人の若者のうちの一人が、お隣さんの家の前の柱に向かって…
多分、沢山飲みすぎて酔っ払っていい気分で帰る途中だったみたい。
意地悪な私、その後ろに立ち止まって思わず明るく言っちゃった。
自分の家の前ではないけれど、『あの~、其処私の家の前なんだけどぉ~!!とっても困るんだけどぉ~!』って。
いやね、心の中では臭いじゃないかコノヤロゥ!!他人の家の前で、用をたすな!!と言いたかったけれど、我慢我慢。
楽しく明るく笑い話のようにね。
お友達数人に笑われながら、あわてて立ち去ったガキンチョ。
これに懲りて、止めてくれると良いな。(ま、無理だけど。)

翌日から数日間、もちろん何処はお水で何度も流しましたよ。
お隣といえ、臭って来たら嫌でしょ。

フランスの人々って、まるで犬や猫みたいよね。
・・・でも最近の犬は、人よりマナーが出来ているのかもね。

デモね、これって普通に長く暮らしてないと中々出会えない光景なのかも。
日本に住んでいるときはこれほど臭いで嫌な思いをする場所がなかったけれど、此処フランスはすっごいよ~!!あっちこっち!!
誰か、ガイドブックに載っていないフランスなんて本、書いてくれないかな。
きっと笑って楽しめると思うのは私だけ?
[PR]

by usa-fr | 2013-11-18 06:58 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://usausafr.exblog.jp/tb/21484899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by exmouthcoco at 2013-11-18 07:53
わかる、わかる…!そうよ、そうなのよ、「そう遠くない昔」なのよね。
裏のボロ屋もトイレがない家だったけれど、驚くのが、私が学生時代だった頃の話。90年代よ!日本にはとっくにtotoトイレットが存在していたというのに…。

私も以前、同じこと考えてましたー。ガイドブックに載ってないフランス。
自分のブログに書いたなーと思ったら、2005年の1月に記事にしてました。
って言うか、そんなに続いてるんだ、ブログ生活…と、違う発見などしてみました。
Commented by nippa0927 at 2013-11-18 22:39
流石に日本でも見かけなくなりました・・フランスのイメージが~~ですね(-ω-;)
Commented by usa-fr at 2013-11-18 23:43
cocoさんも、やっぱり同じ事考えてた!
賃貸のアパートの中に、お風呂やトイレの設置義務もつい最近のことだしね。昔アパートを探しているときに色んなとんでもない物件があったのも笑い話。
街中のトイレも、渡仏当初はトルコ式なんてのも本とに多かったね。
でも相変わらずトイレの使い方はとんでもなく汚くて、外出先で悩む事は未だに多いのも・・・。
本と、誰も知らない本とのフランスなんて本、誰かかいてくれないかなぁと、切実に願ってしまうよね。
Commented by usa-fr at 2013-11-18 23:53
nippaさん、日本でのフランスのイメージって、相当美化されて夢のような所と伝えられてるとおもうの。
いいところも有るけれど、酷い面はありえないくらいに酷い。もう日本より30年くらい遅れてるように感じる物も多々です。
フランスのイメージ=作られたものと思って長期滞在しないといけないですよ~。
Commented by africaj at 2013-12-03 11:47
私は、日本におけるフランスの不当に美化されたイメージ知ってましたっ(笑)フランス人、臭いですもん。
そして、すぐ裸になりたがるし(爆)
でも、笑顔人懐っこいんですよねー。憎めない。確かに猫や犬に近いかも~(納得)
ピレネー越えるだけなのに、スペイン人は案外シャワー好きなんですよね。不思議。
でも、スペインも裏道の悪臭すごいですよー。そして、1mごとにブツが落ちてる。犬のかロバのか人のかわからないけど。道、汚いです。日本人がきれい好きすぎるのかしら。
Commented by usa-fr at 2013-12-11 18:01
africaさん、お返事遅くなってごめんなさい!
スペンインの人臭くなかったのですか!?
くさかったはずのフランス人、何年か前から匂いが薄くなりましたよ~。昔は無かったデオドラント剤の普及?のおかげか!?
あの、脇にシューとしたり、塗り塗りするものが出回ってから…。
昔、お水が貴重だった頃の名残か、年配の人たちは本当にお水をケチと言いたいぐらいに大事に使っています。
だから、毎日シャワーを浴びない習慣が伝わっているのかも知れません。
でも、悪臭に寛容な人々が多いせいなのか?電車などの換気の悪さには倒れそうになるときもあります…。
スペインの道には、ロバの落し物もあるのですか!?
こちらでもね、犬の落し物は問題みたいですよ。そのせいであちらこちら犬立ち入り禁止が増えてきています。その代わり、外猫や野良猫ちゃんたちは、あちらこちらで臭い落し物をかくしたりしてやり放題なんだけど…

<< 寒い朝 お家ご飯の会のお話 >>