おめでとうございます。   

のんびりしすぎのご挨拶で申し訳ありません!
明けましておめでとうございます。
ノエルから2週間のお休みを取っていた夫も仕事が始まりました。
だらけすぎて、今朝はとっても辛そうに出かけていきました。
b0199497_655567.jpg

今年も、のんびり更新していきますので、よろしく願いします。
b0199497_662841.jpg

昨日は、お隣のおじさんを招いて午後のお茶タイム、夕ご飯を一緒に過ごしました。
お茶のお供には、簡単なタルト~なんて考えながらカレンダーを確認すると、Epiphanyではないですか!!

2日前に慌ててガレットのパイ生地を仕込みました。
私のガレットのパイ生地は、バターの生地で、小麦粉の生地を包んでつくります。
こちらの生地で作ると、パイの層も薄くて、よく膨らみ、サクサクのガレットが出来上がります。
b0199497_673246.jpg

もうね、1年ぶりのガレット。
昨年は、1月中旬から日本に一時帰国していたからほんとに1年ぶりの作業です。
思わず、卵を塗る前に表面にカットを入れちゃったりととんでもないミスをしてしまいましたよ~
カット面に卵が着かないように気をつけて照卵を塗って焼きました。
しかし、大失敗~
何時もとは違うオーブンで焼いてみたけれど、ガレットには何時もの電気のオーブンのほうがよさそうです。

今年、初のガレットの出来上がりは満足の行くものになりませんでしたが、間に合いました。
b0199497_6103018.jpg

それと平行して作った何時もの洋ナシのタルト。
私のタルトは、びっしりと果物を詰め込みます。
なので、焼成時間もとっても長く取ります。
匂いと焼き色で焼き時間が決まります。

果物のタルト。
簡単なのにとっても美味しい!

夕ご飯は、おじさんがもう何年も食べていないと言うフランスの簡単手抜きご飯、ラクレット。
おじさん、すっかり食べ方も忘れてしまったそうで、どうやったらいいんだ!?
そうよね、年配の方の一人暮らし。
ラクレットなんて侘しくてしないよね…
b0199497_611497.jpg

前菜に、市場で見つけた新鮮なタイのカルパッチョ!
一口食べておじさん、美味しいなぁ!
タイの中には、大きな白子もあったので、こっそり珍味白子のポン酢がけならず、カルパッチョ用のカボス醤油で作ったソースとかけて小さな1品も。
こちらも、おじさん興味津々!一口食べて、おいしいなぁ!
そしてわが夫、これって魚の男の子の…と微妙な顔して食べておりました。

お酒も、お話も弾んでおじさんは、とってもご機嫌でした。
ガレットも、本の小さな一切れを頂いただけなのに、おじさんのところにフェーヴが入っていたりで、おじさん更に御機嫌さん!
帰りには何時ものように、朝食用にお菓子をおすそ分けして。
b0199497_6155722.jpg

珍しく,夜のお散歩に夫も同行してくれてサキも大喜び。
b0199497_616207.jpg

昨日辺りから、役目を終えたSapinが、あちらこちらの道路に捨てられていました。
b0199497_6165715.jpg
b0199497_6163876.jpg

生の杉を使って、ツリーを飾るのはこちらの大事な習慣ですが、たった数週間の役目の為に切られてその後無造作にゴミとして捨てられているSapinをみると、何だか悲しくなります。
b0199497_618276.jpg

今日は、急に冷え込んでいますが、今年の冬は穏やかでとってもありがたいです。
(突風はよく吹き荒れてます。)
[PR]

by usa-fr | 2014-01-07 06:30 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://usausafr.exblog.jp/tb/21809509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-01-07 08:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by usa-fr at 2014-01-07 22:05
鍵コメさん、
タルトは生ものだからね~此処まで来て!!
Commented by tomomato at 2014-01-09 06:16
美味しそう^ー^  失敗したように見えないのですが・・・ お隣のおじさまもきっと本当にうれしかったでしょうね。 お優しいですね。 
Commented by usa-fr at 2014-01-11 07:44
tomoさん、あわてて作ったものと、じっくり休ませながら作ったものは、味わいも仕上がりも違ったことってありませんか?
使ったオーブンのせいなのか?使った粉も何時ものとは違っていたからか?そのせいなのか?
仕上がりに不満があると、中身のフランジパンにも失敗したように感じてみたり…リベンジしなければ!!

お隣さんをお誘いするのは…どうしてかな?
私たち、二人共田舎者のせいかも~!?なんちゃって~。
前に住んでいたアパートでも、お話しするようになった階下のお隣さんを 時々食事や、お茶にお誘いしていたから、軽い近所付き合いがすきなのかも知れませんね。



Commented by tomomato at 2014-01-12 19:22
あ、それはあります。  全然違う。  あと、粉が違ったら全然違います。 バターも。 去年は11月に日本にいたので、日本の材料でシュトレンを作りましたが、母が、今年送った物に対してやっぱりこちらの材料の方が美味しい(デメター(オーガニック)の粉、地元バター。。バターは大きいかも。日本のバターは無塩でもいまいち) と言ってました。  折込はやはり間の休みの時間が必要かも・・・・・(私、3日がかりで作ることもあります。だから滅多にやらない!^0^)  急いでぱぱっとやったときは、やはりうまく行かなかった気がします。素人の私でもそうだから、プロとしてはやはり出来不出来はものすごい厳しい眼で出てくるのでしょうね。   でも、 普通の人は、 その失敗が分からないでしょう ^0^     リベンジにおつきあいしたい! ^ー^
Commented by usa-fr at 2014-01-13 06:22
tomoさんも、やっぱり経験あり!でしょ!!
時間もそうですが、材料も気をつけないといけませんね。
私も、素人に毛が生えかけた程度なの…
自分達が食べる時は、ごめ~んちょっと失敗~!で済ませられるけれど、人様にお出しするときや、注文されたときには特に気をつけてます。
材料もね。卵もやっぱり元気のいい外を走り回って美味しいえさを食べて出来上がった卵と、普通の卵は、やっぱり全く別物!
粉もそうですよね!
そうそう、バターもね!!お菓子には、なるべく良いものを使うようにしています。こちらのスーパーのお値打ちバターは、バターじゃない味がしてビックリした事があります。何だか病気になりそうな気がして、もったいないとおもいながら捨てちゃったこともあります。
日本のバターね…。発酵バターという名になると、フランス輸入品に従えとばかりに、お値段もどうして高くなるのでしょう…。
日本でももっと安くて美味しいバターや乳製品が出来上がるといいのにね。
…失敗…多分普通にはそれだけ食べたら分からないと思うけれど、やっぱり焼き上がりの層とか、焼いている間に染み出してしまったバターの多さとか…何時もの味とは違うとか…自己満足というか…

Commented by usa-fr at 2014-01-13 06:22
でもね、お店の中の仕事って…って事もあったりしましたよ!
今朝覘いた近所のMOFのお店のお菓子も、大失敗のムスリンクリームがたっぷり使ってあったのを見てがっかりしました。
リベンジといわず、何時でもどうぞ~!ってか、私tomoさんのお菓子が食べた~い!
Commented by africaj at 2014-01-13 10:50
美味しそうっ。
usaさんのタルトの作り方が知りたいですっ。焼成時間どのくらいとるんですか?
一人暮らしだと、特にうれしいでしょうね。お喋りして食べる食事。
バターね、ほんとに日本のバターは臭いです。時間が経った匂いしかしないのはどうしてかしら。最初食べられなくなってオリーブオイルだけにしてたのだけど、5年も過ぎるとどうでもよくなってきちゃいましたが。
私、お料理でそういうことよくありますー。人数が多くなると焼き加減にムラが出たり、色々といつもの味と違うことに密かに落ちこみます(笑)
Commented by tomomato at 2014-01-13 17:23
あ! うちもね、 母がバーゼルで一番有名なコンディトライのシュトレンがすきで、 (でもそれは本場ドイツの物とは全然違う、とっても軽いケーキ的な物) 毎年私の作ったのと一緒に送ってあげていたのですが、 ある年、 買ってみたらなんかいつもと様子が違う。 奇麗に包んであって急いでいたのでそのまま買っちゃったのだけれど、開けてみたら絶対にこれは発酵の失敗で、だれて平たいチアバッタみたいな形!!!???   でもシュトレンの発酵ってそんな風に失敗することはない筈だから、 レシピを間違えた?    でも老舗のコンディトライだしとおもってそのまま母に送ったら、やはりいつもと(毎年送っているので)全然違ったらしい。   それから1、2週間してそのお店に別の用事でいったら、前のは売れたのか? 新しいのが入っていて、それはいつもの通りだったので、やはり失敗した物をお店に出していたんだ!!! とすごくがっかりした覚えがあります。 
Commented by tomomato at 2014-01-13 17:23
そのコンディトライはバーゼルで一番美味しいのよ。 お店の構えも素晴らしく、お菓子も美味しく、 そんなお店が堂々と失敗品を出す、ということに本当に失望しました。 こちらのお店はそういう誇りがないのかなあ。。。。。  でも、 そのお店は喫茶室の雰囲気がすごくいいから未だに行くけれど、母は、あなたのシュトレンの方が美味しいからもう送らなくてもいい、 と言って、それ以来シュトレンは買ってない。。。 (笑) すごく高かったので助かってるけれど! ^0^ 
Commented by usa-fr at 2014-01-15 04:51
africaさん、自分で言うのも何なのですが…家で作ったタルトはほんとに美味しいです!果物のタルトはお店でもう買えません!。
タルトは最初に空焼きを25分くらいしてからクリームを詰めたりして焼いてます。
何せ、こちらのオーブンの性能が悪すぎて…空焼きしてからではないと、底まで気持ちよく焼けてくれないのです。
おまけに果物を目一杯詰め込むので、焼いている最中に果汁で一杯になったりしてきます。
なので、40~45分を目安に、焼色と中心まで焼けたかを注意しながら、前後を入れ替えたりetc…これでも一応ファンのついた、お菓子が美味しく焼けるとうたい文句のついた、その当時一番高いオーブンなのですが…あ~リンナイのコンベックオーブンが恋しいです。
バター、乳製品の文化の国で無いから中々美味しいものが出来上がらないのかもしれませんね。
美味しいらしい?物も、発酵バターとなると、国産なのにフランス等からの輸入品の値段に合わせて高価な値段がついていたりするのは、何とかならないものでしょうか…
Commented by usa-fr at 2014-01-15 05:11
tomoさん、去年のシュトレンが、大はずれでした!
一昨年、ドイツ菓子のお店で、ドイツ人シェフが作るシュトレンを買ったらスパイスの香りも何もかもがなじんでとって美味しかったのに、昨年のものは焼きすぎて焦げた風味しかありませんでした。
泣きました…詐欺に会った様な気分
幸い、ドイツ人の旦那様を持った友人が作って送ってくれた美味しい手作りシュトレンがあったのすくわれました。
お菓子屋の仕事の経験は少ないのですが、働いているときに、え、それ売っちゃうの!?って言う事や、前に居たアプロンティの男の子が、新しく見習いに入ったMOFのお店での驚きの事実を教えてくれたり…
おそらく何処のお菓子屋さんも、生菓子等、売れ残りのお菓子を翌日、更にその後もギリギリまで売っていたり…
タルトなどは、上のナパージュを塗りなおしてみたり…
いろんな事を見て、もうね、普段のお菓子は作る事に決めました。
仕事に対する誇り…あって欲しいと願いたいです!!
Commented by bettyko1 at 2014-01-17 14:04
usaさん
遅ればせながらあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。年が明けてもまだ自分のブログ更新してませんが汗。なんとなく気が向かず苦笑。
手作りガレット!十分おいしそうですよ~。どこが失敗なのか私にはなぞです笑。私は今事情があって一時帰国していてガレット食べれないので涙、だんなに買って冷凍しておいてもらってます苦笑。まあ、最近では日本でもいろいろなところで売ってるようですが、、、洋ナシタルトもおいしそうですね~。フランスにいると日本のものがやたらに恋しくいなりますが、日本にいるとフランスのものがやたらに恋しくなります笑。
Commented by usa-fr at 2014-01-19 05:47
bettykoさん、おめでとうございます。
私も、怠けてます~。
ガレットね、生地が良くない!のよ。
生地はしっかり休ませながら作らないとね。
今日本にいらっしゃるのですね!羨ましぃ~です。
ガレットよりも美味しい日本の冬の味覚などをしっかり食べてくださいねぇ~。こちらに戻って直ぐに恋しくなってしまわないように!
いいな、日本。
…実は未だ、市販のガレット買ってないの…
何処のが美味しいのか、変わった風味があるのか迷っていたら、もう直ぐ販売終了のお店も!

<< 1月は、ガレット!の季節!! 今年のNoël >>