自然の脅威!   

長い間放置してしまいました。
私の愛用pcのサポート期限が過ぎてしまい、グレードアップできない機種でもありまして。
夫のpcをしばらく使うことになったのですが、これが又使いにくいったらありゃしない!
…で、しばらく…
夫が使ってるときは使えないし!
写真だって、未だいじれませんので、とりあえず!
後で写真をアップしま〜す。

放置している間にもいろいろな事があり、結構忙しく?していたのです。

畑も今年はあせっても疲れるだけなので、ゆる〜くやっています。
あまりの寒さに、種を蒔いたズッキーニ。
一ヶ月近く立っても小さいまま。
きゅうりは芽がです、ニガウリもご臨終。
来年は、簡易温室を作って苗作りです。

畑に植えたジャガイモは、小さい種類のジャガイモのわりに、太い元気な茎を伸ばしてくれています。

トマトの苗は双葉からなかなか大きくなってくれないので、苗を買ってきて植えました。
何もないと、虚しくなってしまうので、やる気を出すためにね。

未だ、耕さなければならない面積が結構あるのです。
それも、10何年芝麦が生え放題!持ち主のおじさんが適当に播いて蔓延った地下茎で増える植物も一緒に蔓延った…
一人生えで生えているさくらんぼの木の根っこも堀ださなければならないし…憂鬱
もうね、はっきり言って耕すの嫌!
だけれど、とうもろこしの為と思って。
家の苗はまだまだ小さいので、お店に苗を探しに行って、少し大きな苗を買ってきました。
種類は得になく、食べられる物とポップコーン用の物しか販売されていませんでした。
なので、一応そのまま食べられるという物を選んでみたけれど…美味しいのかは疑問。
一本しか残ってなかったので一本だけ!
これで、畑に耕す為のやる気が出るかな?
日本だと、生でも甘くて美味しい物や、白い甘いとうもろこしとかいろんな種類があるのよね。
ないのが分かっていてお店で聞いてみたら、え!!何それ?ですって。

買ってきた苗と、未熟な苗を明日の夕方は、畑に移植!!と思っていたら!!

雷が鳴るとは分かっていたけれど…
早めにサキのお散歩を済まし、一緒に畑にいこうと思っていた処、雲行きが怪しくなって突然何かが降ってきました。
降ってくる数も、まばらでなくどんどん増えて次第に大きくなっていくじゃありませんか!

慌てて外に出してあったテーブルや椅子を片付け避難!!
降るは降るは!大きな雹が!!
小さな物に混じって、それも5センチはあるんじゃなかろうかという巨大な雹が!!
落ちて割れて散らばって!
そっと扉の隙間から覗いていたのですが、危ないったらありゃしない!
扉の内側まで飛び込んでくるは、扉に向かって飛んでくるは!薔薇たちも避難させたくても危なくて外に出られませんでした。
扉の大きなガラスにもバシッ!バシッ!と斜めに当たってくるので、ガラスが割れないかヒヤヒヤもの。
まるで、映画のワンシーンのようです。
宇宙からの襲撃があった!!みたい。
無差別攻撃!
もう、隙間から覗いて笑うしかなかった…
だって、薔薇や他の植物を避難させたくても何も出来ないのだから。

収まってから、外に出て被害状況を確認すると、軒下に元気が出るまで置いておいた買ったばかりの薔薇の苗、見事に大きな雹の直撃を受けた様で、見事に太い枝が根元からもげていて、大ショック!!

春の花の時期に咲いてくれなくて、切り戻しをしてやっと蕾を付けてくれた薔薇の蕾も!!無い!

サクランボの葉や枝があたり一面に散らばって…

我が家のオンボロ車は、2ヶ所ほど大きなへこみは有ったものの、フロントガラスは無事でしたが、テラスから下を覗いてみると、見事にリアガラスが割れている車が…
この車の持ち主さん、まさかガラスが割れているとは思っていなかった様で、翌日のお昼近くまで放置してあり、夜中の雨で車の中はびしょ濡れ。

我がやの被害は、物置の屋根に穴が空き、水漏れ被害!
何せ、我が家も古い家。何が使ってあるか分からない し、何処に電気の配線が有るのかも、構造がどうなってるのかも分かりません。
なので、しばらくの物置の電源を切ってみたり…

そして、もう一つ!
屋根は無事だった!と思っていたら、瓦が割れたのか日々が入った様で、天井にシミがでてきてしまったの。
大被害です(涙!)
そうだよね…あんな固くて、5センチはあろう氷の塊が、はるか彼方上空から風に吹かれて降ってるのだから…

畑に行ったら、ついさっきまで元気にしていたトマトの無残な姿にがっくりです。
主要軸が折れてしまった苗には、脇芽で頑張ってもらうしかないね。

折れてしまったトマトの茎と、もげた薔薇の枝は、改めて挿木をしてみるつもり。
トマトは、毎度脇芽を挿して上手く行っているからちょっと楽観しています。

元気だったじゃが芋の茎も可哀想…

翌日、散歩に出てみると、おそらくガラス張りの温室がある植物園が被害を受けた為なのか?公園は門の鍵が開けられることなく閉められたままでした。

道には、無残にも折れた枝や葉が散らばり…

フロントガラスにヒビが入ったり、リアガラスが割れた車が結構ありましたよ…

古い瓦が割れている家があったり…

古い塔の前の花壇のルバーブの葉は穴だらけ!

こんな大きな雹がふったのは、初めてだ!と、畑の隣のおじさんが言っていました。
おじさんの車も、沢山凹んでいてがっかり元気がなかった。

雹がふっているときに思ったこと。
早めに散歩から戻ってよかった!
サキも怪我をしなくてよかった!
バカンスで長期留守にしている間でなくて良かった!
雨漏りだって、家にいるときで良かった!

横では、夫がどうして僕が長期の休みをとろうとすると何かが起きるんだ〜!
休みじゃなくなってしまうじゃないか〜と怒っていましたよ。
いや、ちょうど休みをとろうと思ったときに問題が起きて、良かったよ〜
修理に専念できる!と思ってほしいものですがね。

これを機会に、オンボロな物置の屋根をどうするか考えなければ…
こっちの方が、キッチンをいじるより先ですな。
物置の棚の中身を箱に詰めて移動して、棚を分解して…
考えたくない…

翌日のニュースでは、私の住む街コンフランの被害が大きかったようです。
こんな被害の大当たりに当たりたくなんてなかったけれど、今週末でなくて良かったよ。

今週末は、コンフランのお祭りがあります。
朝は、パリを出発した船が噴水を吹き出しながら入港するのから始まって…
いろいろな催し物や、公園の中にはこの地方で活躍するアーティストの市場が立ちます。
陶器作家や、ガラス作家。画家。いろんな職種の人が集まります。
14日がメイン。朝から晩まで子供が楽しめる催し物も沢山!
お時間のある方、是非コンフランまで足を伸ばしてみて下さいね!
週末、お天気がいいといいな!!
[PR]

by usa-fr | 2014-06-12 07:46 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://usausafr.exblog.jp/tb/22771621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by africaj at 2014-06-12 23:17
usaさん、畑がーーーー!!
tomさんへ宛てたコメント読んでからこっちきたから、その前向きさ、たくましさ、諦め度にじーん。
もーね、ラテンの国じゃ、雹までが「あり得ないサイズで降ってくる」んですな。いちいち凹んでたらやってけませんよね。
私、先日自分の過去blog読んでて、こんな国でやっていけてる自分エライって思ったもん。
あ、この記事読んでー♪(ラテン酷さ自慢 笑)
http://africaespa.exblog.jp/5023364/

しかし、ほんとうにそう。サキちゃんが怪我しなくてよかった!お散歩早く帰ってきててよかった!旦那さんが出かけてなくてよかった!!そう、生きてるだけで丸儲けっ。
お祭りではじけて下さいな!
植物は案外強いから、きっと再生します(念力送っとく!!)
Commented by usa-fr at 2014-06-14 09:56
africaさん、こんばんはー!
念力ありがとう〜♪
恐るべしスペインの銀行!!!フランスはそこまではないかも?知れないけれど、気をつけないと必要のない物に加入させられることあります!!
知らない金額引かれてるときもあるけど、苦情を言えば返してくれたり。なんなんでしょうね。
銀行以外も!!得にパリ!!田舎者の人を疑うことを知らなかった主人も、私に急かされるうちに、怒鳴りつけることを覚えましたよ!
主人よりも意地になる私、苦情はしつこいです。
こんな奴にびた一文払いたくない!!でも主人がすぐに折れてしまうの。情けない!
なんたって私、フランス語が出来ないとき文句を言う単語は最初に意地でも覚えましたから。
なんでもスムーズ親切な日本にいるときは疑いもしなかったけれど、こんな国に住むとホントにちょっとした当たり前のことが嬉しいのはちょっと悲しいですね。満足度低すぎでさみしいです。
そう、日本ではありえないことが山盛すぎ!それも嬉しくないことが!!だから小さな事が凄く嬉しい!

Commented by usa-fr at 2014-06-14 09:58
畑、自然相手に素人は太刀打ち。出来ません!
受け入れて経験にしていかないと悲しいから、次の年に生かせたらより嬉しくなると思ってのんびりです。
今は、いかに堆肥?を作るかが課題で〜す。
医者もヤブが多いから、ホント健康で生きていられるだけで幸せと思うしかないです〜(悲)

<< 変なお天気と、畑の野菜 花粉の季節… >>