カテゴリ:バラ( 1 )   

頼もしい虫たち!   

日本の猛暑とは違いますが、夏日が続いています。
しかし、今日は風があるので、家の中は寒いくらい。
1階の温度は20度ほどで、私にとっては寒いくらい。(長袖フリース着てます。)
サキもヘロヘロになることなく、今日は外で日向ぼっこ。

お庭のバラたちにしつこくやって来るアブラムシ。
春先からは見つける度に、”てでと~る”してましたが、きりが無い!!
手袋はめてると、繊細な新芽を傷めてしまうので、素手で。
何だか、深く考えると気持ちが悪くなってしまう…
b0199497_204617.jpg

なので、朝、晩のお散歩時に小さな瓶をもって、お庭で働いてくれる従業員を強制勧誘してますが、中々上手くいきません。
季節的に、一番の定着率の良い働き手が見つかる時期を少し外してしまったようで、ありとキリギリスのごとく、怠け癖が出てどこかに行ってしまう成虫しか見つからないのが悩みです。
b0199497_20394357.jpg

そう!今我が家で、せっせとアブラムシを退治してくれているのは、てんとう虫!
b0199497_20421049.jpg

サキが居るので、殺虫剤はあまり使いたくないのです。
なので、幹にはよく穴が開いて中に忍び込んだ虫の糞もでています。(見つけ次第、注射器で殺虫液を注入はしていますが)
b0199497_20465225.jpg

羽があるので、気が向かないと直ぐどこかに飛んでいってしまうのだけが難点です。
初日、害虫かもしれないけれど星の数が多いこの方と、七つの黒点のある普通のてんとう虫にきてもらいましたが、普通のてんとう虫は直ぐに仕事を放棄してバカンスへと。
残ったこの黒点の多いてんとう虫は、気持ちよいくらいバリバリ、もぐもぐとすばらしい仕事振りを発揮してくれましたよ。
そして何と!!3日目の朝も移動せず、バカンスに旅立たず仕事をしてくれています。
b0199497_20512390.jpg

昨晩は、てんとう虫のお子さんを誘拐してきましたが、今は元気にもりもりお食事中です。
b0199497_20482550.jpg

それともうお一方、市場で買ってくるサラダを洗うとよく見つけるのですが、ヒラタアブの赤ちゃん。
何だか透明に近い乳白色をしていて、何処が頭でお尻だかわからない幼虫。
この幼虫も、とっても食欲旺盛。
アブラムシを見つけるとすばやく捕食し、体液を吸い取って退治してくれるのです。
ほほほ…頼もしい!
だから、サラダを洗うときには、よ~く注意して、水の中に落ちていないか注意します。
見つけたら、必ず救助してアブラムシが居る付近に配属です。

仕事を放棄してどこかに行ってしまったてんとう虫も何匹かいますが、仕事っぷりは凄い!嬉しいね!!
b0199497_20525589.jpg

Greffe de vie(強香)
b0199497_20582842.jpg

Louis de Funes(微香)
益虫に守られて、そして気温の上昇のお陰で、バラの蕾も綻んで来ています。
[PR]

by usa-fr | 2013-07-11 21:05 | バラ | Trackback | Comments(0)