「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

今年最後のバーベキュー?   

もう、すっかり秋の気配。
b0199497_795913.jpg

いつもの眺めもなんだかしっとりしている気がします。
b0199497_7113085.jpg

b0199497_7124230.jpg

これ、なんですか?おもちゃ??

金曜日は、絵付けの教室に行って来ました。
b0199497_772790.jpg

何を作ったらいいか今ひとつ決まらないので、手元にあったブタの塩コショウ入れに絵を描いています。
今度の金曜日までに、次の題材?を決められるかなぁl…

土曜日には、義弟達を呼んで一緒にご飯を食べました。
b0199497_7145546.jpg

果物屋さんから頂いたメロン、美味しかった~!
b0199497_7194060.jpg

デザートの器に、自分で絵付けをしたお皿を使って。
白い器も素敵だけれど、色鮮やかなお皿だと、テーブルが賑やかになりますね。
それになんでもないお菓子が、とっても美味しく見えたりする効果もある気がします。
向こう側のお皿の小さなお菓子。
モロッコに仕事に行った弟からのお土産のアラブのお菓子。
ジャム用に2キロ買った小さないちご、甘さがグッと濃縮されてとっても美味しかったので、ロールケーキにたっぷりばら撒き入れてデザートに。
日本風のしっとりした果物やクリームの入ったロールケーキはこちらにないので、誰に出しても大人気!
この日も一本完食です。
この日は、多分今年最後の人を呼んでのバーベキュー。
(でも、10月にうなぎが手に入ったら蒲焼を作りたいので、バーベキューセットは未だ方付けませんよ。)

本当はカスレを一緒食べる予定だったのですが、せっかくのお天気、急遽バーベキューに。
お昼ごはんの後に、皆で散歩に。
セーヌで水上スキーをしているグループがいたり。
b0199497_732576.jpg

サキは、狼のような大きな白い犬と遊んだり
b0199497_7373322.jpg

茂みに逃げ込んだウサギを追ってみたり…

夕ご飯も、もちろん一緒です。
夕ご飯はカスレです。
b0199497_7274643.jpg

カスレは、寒い季節がやってくると食べたくなる一品。
レストランでも頂けますが、外で食べたり買ったりする物は、こってりと重たくて胃にもたれ消化不良を起こすほどヘビーなものが多いのです。
でも、自分で作ればそんな事も無く、アッサリと自分好みに作れます。
作り方は難しくありませんが、お豆を前々日から水に浸したり、ソースを作ったり…
カモのコンフィは美味しいものを見つけたので、自分で作るのはやめました。
皆で飲んで、食べて!
b0199497_7521335.jpg

翌日のお昼は、お腹は空くが軽く食べたいという事で、私には嬉しい手抜きサラダ!
冷凍庫にサーモンがあったので乗せただけ!
b0199497_7553477.jpg

デザートには、昨日弟のお菓子と重なってしまった、行きつけのパン屋さんに売っている美味しいアラブのお菓子。
ここのは、味にバラエティーがあり、程よい甘さで美味しいのです。

b0199497_81370.jpg

そして夜は、多分、今年最後のメロンとハムと軽いトマトパスタ。
美味しいトマトを使って、パスタの分量は一人50g。
昨日、しっかり食べたせいか充分満足な夕ご飯。
パスタは太っちゃうけれど、使えるストックがなかったの。

今、外は雷がなって風と雨の音がしてるけど、明日はお天気になるといいな。
b0199497_853753.jpg

雨のなかのお散歩は、少し辛いものね。
[PR]

by usa-fr | 2012-09-24 08:11 | おうちご飯 | Trackback | Comments(2)

地域猫とSPA   

私達が住んでいる Conflans の古い町並み地域には沢山のノラ猫が住んでいます。
その数は、捨てる人も多いので減らないのかな?
此処の猫ちゃんたちは、おなじノラ猫でも、猫が大好きな住人達に何とか守られ暮らしています。
餌をあげたり、新しい捨て猫や、野良猫を見つけると、定期的に餌をあげに来るSPAの方に伝え、捕獲を試み、去勢、避妊をし、地域猫となります。
しかし、動物嫌いの人も多く活動は大変なようです。
寒い冬は、猫にとっても辛い季節。
b0199497_20351947.jpg

b0199497_2040634.jpg

此処から見える猫の左側には、古い建物が猫の家となっているようです。

日本では、フランスの美しい部分しか紹介されていないので愛犬家、愛猫家の国のようなイメージがあるかと思いますが、バカンスシーズンは捨てられる子たちも多い国。
高速道路に投げ捨てられたり、日本より残酷な事も多いです。
クリスマスが終わりしばらくすると捨てられたり…
使い物にならなくなった猟犬を平気で射殺する人もいます。
近所の方の犬は、毒殺されたと聞きました。
もちろん、SPAから不幸な犬や猫を譲り受け可愛がっている方たちも沢山居ます。

先日遇った、SPAの方から聞いたことですが、生後間もない子猫が4匹、道路に設置してあるゴミ箱の中に捨てられいたそうです。
それを見つけ保護した猫の保護活動に参加している住民の方がミルクを与えているそうです。
この猫も此処の地域猫になるか、新しい飼い主に貰われていくのでしょう。
猫の糞尿対策はどうなっているのかしんぱいです。
また、老人ホームに入った船の住人が、大きな石の錘を購入し、それを愛犬の首輪につなぎセーヌに沈めた事も。
セーヌ沿いをお散歩中に見る、売りに出されている船につながれ、飼い主に足蹴にされていた年老いた痩せたラブラドールの行く末も気になります。

昨日は、納豆つくりに挑戦してみました。
仕込みは3日前から。
もともと私は納豆が大嫌いでした。
なので今でもクセのあるものは食べられません。
今までは、納豆名人のお友達 K崎さんから分けて頂いていたのですが…
K崎さんの納豆、絶品なんです。
全くいやな匂いは無く、大豆の香りが一杯。
駐在の方や、レストラン等、色々な方から注文を受けてらっしゃいます。
そのK崎さんから「うささんなら、作れるわよ~作ってみなさい!」と、見放され…(笑)
夏前にも作ってみたのですが、納豆名人からは「熟成不足なので、温度をもっと上げてみましょう。」と診断されまして。
今回で、2回目の納豆つくり。
b0199497_20323184.jpg

前回より、白いホワホワの菌糸がきちんとしっかり大豆の下まで覆っていました。
少し日数が経ってしまうけれど、金曜日に絵付けでご一緒できるので、その時に診断してもらいましょぅ。
食べてみて、糸も引くし、嫌な匂いも無いけれど何かが違うような気がするのです。
b0199497_20414647.jpg

フードを嫌がり、大好物のご飯を混ぜてあげたら…

納豆だけではなく、昨日はパンの試作?と餃子もね!
b0199497_2046493.jpg

自然酵母のパンに慣れてしまったからなのか、インスタントイーストで作ったパンは、なんだか美味しくない。
次回はぎりぎりまで、イーストを減らしてみよう。
b0199497_20493990.jpg

皮から、慌てて作った久しぶりの餃子。皮も歪ならば、仕上がりも歪だわ!
我が家には、オイスターソースも中華調味料も無いけれど、基本調味料としょうが、にんにくだけでも美味しく出来た!

そして、今は、コーヒーを薄めたもので何とかしているバラに付いたハダニ。
b0199497_20592162.jpg

b0199497_2055716.jpg

唐辛子エキスを仕込んでみました。これからじっくり熟成させて。
b0199497_2056151.jpg

赤唐辛子を手で刻むのが面倒で、ミニフードプロセッサーを使ったのですが…
しばらくたってから蓋を開けたのにもかかわらず、鼻がツンと痛くなった。
アルコール40%のお酒を使用したので、使用する時は500倍以上に薄めて使ってみます。
[PR]

by usa-fr | 2012-09-19 21:13 | Trackback | Comments(9)

Journées du Patrimoine   

先週末は Journées du Patrimoine といって、普段入れない建物などが無料で一般開放されたり、美術館などが無料で一般開放される、フランスの文化的な時を過ごせる年に2日だけの特別な日でした。

場所によっては大人気で、何時間も並ばなければならなかったりもしますが、普段入れない所に入れるのはこの日ぐらいしかありません。
以前、エリゼ宮に行った時は、3時間程ならんだ記憶があります。でも、その横を妊婦さんや、ご高齢の方々、赤ちゃん連れの家族の方等は、一般の列とは違うところからスムーズに待ち時間無しで入っていったのを羨ましく思った記憶があります。
b0199497_2220615.jpg

今回は、何度もその前を通っていたものの、未だ一度も訪れた事の無かったSèvres,Cité de la céramique (フランス国立陶磁器美術館)に、お昼から行ってきました。
b0199497_2221345.jpg

(見学者に手元が良く見えるように鏡が置いてあります。)
もちろん、ガイドつきの工房見学も。
b0199497_22232399.jpg

色々な細かい作業の説明などを見て聞き、私、唸ってました。
b0199497_22243549.jpg

国できちんと守られているから、職人さん達も安心して仕事が出来、文化が守られているのね。
b0199497_22254737.jpg

b0199497_2237779.jpg

セーブルで使用される絵の具たちも、此処で全てオリジナルのレシピで調合されています。
あの深い青のセーブルブルーも此処で調合され作り出されます。

そして、皆さん公務員。将来は、安泰です。

技が途絶えず後世に伝えられる事は素晴らしいですね。

でも、昔はこんなに手先が器用だったフランス人、何故現代のフランス人たちの多くは、こんなにも不器用になってしまったのだろうか?
不思議です。

工房見学の後には美術館に戻り…
b0199497_22303458.jpg

b0199497_22314152.jpg

こんな可愛い獅子?ライオンもいましたよ。
b0199497_22344440.jpg

b0199497_22353398.jpg

古い物だけでなく、新しいものの作品展も。
b0199497_22383435.jpg

セーブル美術館、又行きたいです。
b0199497_2243303.jpg

夕方、帰宅してから大急ぎで作ったいちごのケーキ。
いちごは盛りだくさんですが、生クリームが足らなくて不恰好になりました。
市場で見つけた小さく不ぞろいのいちご。
生産者の方が朝摘んだばかりのもので、とっても甘くて美味しかったのです。
b0199497_22455645.jpg

美術館に出掛ける前に保存容器2つに詰め替えている時にあまりにも甘い香りに、サキ我慢できず。
彼女は今、ドッグフードを拒否して美味しいものだけ貰いたいようで…。
フード、食べて欲しいんだけどな。
[PR]

by usa-fr | 2012-09-17 22:50 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

気になる領土問題   

ブログにあまり書きたくないけれど。
竹島や沖縄県・尖閣諸島の問題、気になります。
先程、ネットで李大統領が9日のクリントン米国務長官との会談で「日本が極右主義に進んでいる。東北アジアの平和のため日本が極右的な態度を捨てなければならない」と伝えたことを明らかにした。 というニュースを見たけれど、はたから見ていると全く逆ではないかと。
もう、正々堂々と資料を揃え、公の場に出てくればいいのに。


最近とっても気になります。

More読んでみたい方は
[PR]

by usa-fr | 2012-09-12 07:15 | Trackback | Comments(2)

お茶のお誘い。   

先週末は、お隣のおじさんからお茶のお誘いがありました。
b0199497_2352127.jpg

おじさんの古い御家族は、我が家とその向こう隣2軒の大きな家、多分今は駐車場となっている場所の一部もその家族の敷地の持ち主。
代々の相続で、少しずつ手放していったような。
なので、この辺りの事や、人をよ~く知っています。
我が家は、そのおじさんの叔父に当たる人が建てた家だそうです。
その日は、サキも一緒にお邪魔しましたよ。
b0199497_23533017.jpg

悪さをせず、いい子にしていたからか、とっても嬉しいお申し出が!
b0199497_23545047.jpg

「用事があるときとか、庭で犬を預かってあげるよ。」
多分、一日が限度だと思うけれど、とってもありがたいお言葉です。

物知りのおじさんに、この近くに家庭菜園として貸してくれそうな土地はないか?とかいろ~んな事を聞いたり話したり。
引っ越したときから、お互いお茶にお誘いしたり誘われたり。
少しずつ、こういったつながりが増えていくといいな。
b0199497_018263.jpg

その後、うさぎのいるところまでサキとお散歩に。
いたいた、今日はうさぎではなくてヤギを散歩させている人が。
b0199497_23592013.jpg

このやぎさん達、とっても興味深々でサキに近寄って来たけれどサキはとっても怖かったみたいです。
吠えてました。
b0199497_023048.jpg

帰り道に秋色発見!
b0199497_003422.jpg

家の外の水道の下には何時からいたのかトンボが虫の息。虫だからね。
b0199497_03866.jpg
b0199497_044339.jpg

b0199497_06733.jpg
とっても綺麗なトンボ。(ありゃりゃ~?小さくしたら汚くなってしまった!)
何処から来たんだろう?近くにトンボが飛んでいそうな池もないのに。
お腹が膨らんだりしぼんだり、動かないけれど息?だけしているみたい。
小さな虫を捕って口に入れても食べないので、そのままおいておきました。
[PR]

by usa-fr | 2012-09-12 00:18 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)

今日は雨…   

久しぶりの本格的な雨。
b0199497_23194098.jpg

b0199497_23203128.jpg

これからどんよりした本格的な秋へ切り替わる為の雨かな。
b0199497_2302086.jpg

毎年ね、7月が終わると頭の中で、日本の冬や秋のキラキラした温かい太陽を思いだすのです。
そして、どんよりした空を見ては溜息。
また、暗い季節が始まった…ってね。

今日は夕方まで雨で、夜は何とかお天気がいいみたい。
夜のお散歩が終わったら、サキの大嫌いなシャンプーでもしようかな。
b0199497_2321431.jpg

夏の間も綺麗な花を長く楽しませてくれていたバラpuerta del sol、元気に根ついてくれたバラの苗たちの調子が悪いと思っていたら、ハダニが付いてしまったようです。
犯人は、今年バラ祭りで購入してきたオールドローズBaronnre prevost 。
花が終わってから、なんとなく元気がなくおかしいなと思いながらも、シュートが元気良く出ていたので様子を見ていたのですが…
ハダニなんて、ずっと湧いたこともなく見たこともなく、発見が遅れてしまったの。
悔しいぃ~!

やっぱりこちらの専門の生産者も信用できないな!!
もう、何もかも疑ってかからなければならないので疲れてしまう。

早速ネットで対処法を探し…。
ハダニって、たちが悪い害虫なんですね。
直ぐに薬による耐性が出来てしまうので同じ薬は使えない。
卵には薬が効かないので日をおいて違う薬を散布しなければならない。
近くに園芸店もないし、犬がいるので民間療法?とりあえずインスタントコーヒーを薄めて散布しながら葉の裏を洗いました。
湿気を嫌うらしいから、今日の雨は植物の為の救いの雨。
明日からもマメに葉を洗ってあげなくては。

サキの面白顔でも。
b0199497_237861.jpg

サキ、普通にしていると唇?で歯が隠れているからとっても可愛い顔してるけれど、極度な出っ歯なの。
小さい頃は、獣医さんから「犬歯にあたる部分を最悪削らなければならないかも。」といわれていたのですが、運良く上下とも歯茎を貫通することなくずれてくれてそのまま。
引っ繰り返って寝ているとき、このお口が可愛くって、いたずらしてしまうのです。

鼻はなんとなくこうもりみたい?
口元はドラキュラ?サキ!のお昼寝です。
[PR]

by usa-fr | 2012-09-11 23:22 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

今日も嬉しい夏日和!   

今年は9月に入ったというのに珍しく晴天が続いています。
b0199497_7523949.jpg

昨日、今日はまるで夏日!でも、木の葉は秋を先取り?
b0199497_6523712.jpg

朝のお散歩で。
子供の頃、実家の周りに良く生えていた外来種の雑草があちらこちらに生えています。
我が家のお隣のおじさんは、と~っても大事にしています。

週末の朝ごはんは時々ですが、自家製ホットケーキ(パンケーキ)を作ります。
日本だったら、既製品でお手軽なものがありますが、此処ではありません。
でも、小麦粉、バター、砂糖、塩、ベーキングパウダー、牛乳さえあれば簡単に作れてしまう。
これに、バニラエッセンスや、香り付けになるものや果物などを入れれば色んなバリエーションが生まれちゃう。
今朝も、シンプルなパンケーキで朝ごはん。
中に入れる果物がなかったので、ラム酒と干し葡萄をいれて。
写真は、撮るのを忘れちゃいました。
b0199497_6561964.jpg

お昼ごはんは、久々バーべキュー!
b0199497_658518.jpg

マルシェで見つけたLe saumon de fontaine(カワマス?)も一緒に。
初めて見たこの綺麗なマス。聞けば「普通のマスより美味しいよ。」ということで買ってみました。
普段売っている、ニジマスのようなものは、独特の河?ドロ?の匂いが鼻について嫌いなのです。
値段も普通のマスと比べたら高めの1kg16ユーロ。
少しでも匂い消しになればと、お腹にハーブをしっかり詰めて。
味は、なんだか懐かしい味が…岩魚みたいな味がしました。
この味だったら又今度、市場で見つけたら買わなくちゃね。
b0199497_714994.jpg

b0199497_745645.jpg

サキのために貰ってきた骨も一緒に焼きましたよ~
その下には、可愛そうなサキの羊さん…
b0199497_782279.jpg

寒くなった後に続いている真夏日?に、庭のさくらんぼ完全に狂い咲きしています。
3分の1程は咲いているような…
こんなに余分なエネルギーを使ってしまったさくらんぼ、来年は沢山実をつけてくれるのかな?心配だ!
b0199497_728367.jpg

ブログでみつけたナスのオイル漬けときゅうりのピクルス。
きゅうりもナスも日本のもののように、細くて繊細な味わいのものはありません。
ナスは、絵付けの教室の帰りにベルビルの中華街まで足を伸ばして。
昨年、細いナスが売っているのを見たことがあるので行って来ました。
きゅうりは、最近見かける小さめの物を…といっても日本のきゅうりの2.5倍はあるような太さ。
これは普段売っている大きな皮の硬いきゅうり(収穫するのを忘れて大きくなってしまったようなきゅうりのサイズ。)とは違って、皮もコリットたべられるみずみずしいきゅうりなの。
お酢も、日本のお酢はもったいないので林檎酢や半端に残っているものを合わせて。
味見用に少しだけ別容器にとってあるので、美味しく出来ていたら今週も中華街まで行かなくては!
b0199497_7314344.jpg

この時期は、トマトも美味しくて安いので少しだけ料理用にトマトソースも作ってみました。
未だ、2キロほど細長いトマトがあるので、これは後日トマトだけのソースにする予定です。
冷凍庫には、今月末に直ぐ使えるように小さなサイズにきったトマトもスタンバイ。

その横で…
b0199497_7413149.jpg
b0199497_7425699.jpg
b0199497_744248.jpg
[PR]

by usa-fr | 2012-09-10 07:55 | 美味しい! | Trackback | Comments(0)

今日の出来事   

今朝はどんより薄暗い朝でした。
b0199497_6163468.jpg

朝のお散歩の通り道からの風景も物悲しい。
b0199497_6181685.jpg

今年の気候はとってもおかしくて、庭のさくらんぼの木。
季節を間違えてしまったのか花が咲いている枝もあります。
b0199497_621087.jpg
b0199497_6192890.jpg

そしてふと下を見ると…
寒くて成長不良のきゅうりに生っていた小さな小さなきゅうりの赤ちゃんが落ちていた…
小さなきゅうりの為に添え木をさして置いたのですが、咬み咬みしたい誘惑に負けたサキが、その添え木を引っこ抜く時に一緒にちぎってしまったみたい。
期待はしていなかったきゅうりの赤ちゃんだけれど、こうやって落ちてしまうと悲しいな。
b0199497_6221676.jpg

その横には、葉が伸びる度にサキが食べちゃう青紫蘇も。
犬が青紫蘇好きだとは知らなかったよ。
b0199497_6275219.jpg

そろそろ秋の花粉の季節のようで、時々鼻がむずむずします。
フランスの医療制度のおかげで、アレルギーの減感療法をしています。
少し面倒なのですが、効果が出ているようでありがたい。
それも、保険で全て賄われるので無料なのが嬉しい。
でもね、全てのアレルゲンをカバーすることは無理なので、酷いものだけ。
私は、ダニとある種の花粉のみ。
即効性は無いけれど随分楽になって嬉しいです。

そうそう、花粉等のアレルギーがあると食べ物にも少しずつ反応し始めるようですね。
時々、ある種の洋ナシ、体調なのか果物の酵素?何のせいかわかりませんが、大好きな桃、ネクタリン、杏やりんごを食べると喉が腫れてアレルギーの時のように痒くなったりします。
毎回ではなく、時々ね。
直ぐにあれ?と感じて薬を飲んだりするので大丈夫なのですが、食物アレルギーは勘弁して欲しいな。

お昼頃、ちょっと薄暗いので1階で明かりを点けて作業をしていると誰かが呼び鈴を。
明かりが外からも見えるので居留守を使うわけにも行かずインターホンがないので外に出ると、見知らぬ中年のおじさんが。
聞けば所持金や持ち物が盗まれたかなんだかで家に帰るのにお金が必要だとか。
警察に行って相談しても何もしてくれない、なので小銭でもいいのでお金を…
それもね、おじさんの息にはアルコールの匂いがプンプンと。
もちろん、手持ちは朝、夫に渡してないの、ごめんなさいねとお断り。
事実だったら気の毒だけれど、アルコール臭ぐらい何とかしないと信じてもらえないよ。
斜め向かいの隣人にもお断りされていた。
それに、遠いけれど一日あれば歩いてでも帰れる距離なんだから。

こういった人、とっておおいです。何処に行っても。
駅では、切符を買うために~だとか、お昼ご飯を買うために1ユーロ足らないだとか、ガソリンを買うために現金がないだとか、もう訳のわからない理由で小銭を寄付?援助?してくれという人たち。
でもね、夫は結構だまされてしまうのです。
b0199497_6345871.jpg

嘘はいけませんよ!お仕置きで咬み咬みしますよ!!
[PR]

by usa-fr | 2012-09-04 06:41 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

秘密の部屋??   

今日、同じ森なんだけれど、いつもと違う場所をお散歩している時に、見つけた秘密の部屋。
夫と、興味津々でのぞいてみちゃった!
2人揃って、見てはいけない物を覗いてしまった気分。
部屋の近くはペットボトルやら、食べたものやらいろ~んなゴミできちゃない。
森を汚しちゃいけませんな。
b0199497_6573620.jpg
綱でくくって木を寄せて…
ん~感心していいのか…

多分、この広い森の中には沢山の秘密の部屋があるんだろうな。
b0199497_703716.jpg

場所は、森の中を走る道からほんの少し入った所。
全く違う場所からお散歩をはじめ、偶然通った道の脇。

でもね、警察も半分公認?だからね…減らないだろうな。
森が汚れるから、いなくなって欲しぃ。
b0199497_764836.jpgb0199497_751498.jpgb0199497_725457.jpg
森の中の何本もの道が交差する場所にあった標識?
馬はこの道通ってよし?この道通行禁止?
b0199497_7101917.jpg

車を止めたところに戻ると、近くのレストランで結婚式?の余興?
子供の為に呼んだアトラクション?だと思うけれど、動物に化けた人物が。
b0199497_7193720.jpg

それをみたサキ、人だとわからず、初めてみる獣に真剣に吠える吠える。

こうやって、近くにレストランも、自転車も森の中を走ってるし、ジョギングする人も、そして車がビュンビュン通る広い道が何本もあるのに、森中には沢山の野生動物の気配が残ってました。
b0199497_7224014.jpg

フンはもちろんのこと。(多分これはウサギより大きいから鹿?)
草を土ごとひっくり返した後もあちらこちらに広範囲に沢山あった。
イノシシの仕業?かな。
どんぐりの木も沢山あったし、森の様子から秋には沢山のきの子が生えていそうな木がするからイノシシがいてもおかしくないね。
秋になると、よく狩りの為の銃声が響いているし。

日本で山をお散歩してもこんな風に簡単に野生動物の気配に出会ったことがなかったので、なんだか嬉しい。
普通にお散歩していてハリネズミや、野うさぎに出会えると妙にウキウキしてしまう。
そして、馬鹿みたいに何時までも観察。

そういえば、日本の実家の辺りでも時々イタチ?が駆け抜けて行ったりしたけれど、今でもいるのかな。
[PR]

by usa-fr | 2012-09-02 07:37 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)