<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

またまた森へ!   

今日も森へ行ってきました。
朝から出発する予定が…
カーナビのアップデイトが上手くいかず、お昼を家で食べてから出かけることに。
も~、前日に済ませておいてよ!!

昨晩、仕込んだパン生地を成型して2斤の食パン方にいれ、少し保温してから森へ行ってきました。
今日の森は、家から車で30分程の所。
夫が友達に教えてもらったそうですが、例のごとくあの辺り~という目標を頼りに…
頼りないのぉ…
最初に辿り着いた場所で、犬の散歩に来ていた人に森の名前を聞くと、違ってた!!
その方に、道を教えてもらって又車を走らせ…
そして、なんとなく着いた場所。
ここで合っているのか?疑問でしたがとりあえず散策へ。

そばに警察署の学校があって、銃?ライフル?などのパンパンという練習音が聞こえてなんだかドキドキしながら森を目指して歩きました。
でもね、嬉しいことに沢山の栗が落ちてたの!
私、『もう、キノコなんて見つからないから、栗拾おっと!』と、栗拾いを
この森の栗、以外に大きくて渋皮煮に出来そうな物が沢山ありました。
b0199497_5124358.jpg

思わぬ収穫に、嬉しい!
マルシェで栗を買っても高いだけで、痛んでいるものが多かったりするのです。
自分で拾ったものなら、多少痛んでいて処分するものが多くても諦めがつきます。
何年か前に、マロングラッセを作りたくて買った栗の酷かったこと!!
値段も高くて、悲しかった~。かび臭くてすべて処分したことがあります。
b0199497_5936.jpg

多分、イノシシが食べていった跡。
サキも何を思ったか、栗をかじって食べてました。
生栗って、渋くないのかな?
日本に居たころは、栗の季節になると、中津川のほうまで車を走らせて、新鮮な栗を買いに行っていました。
そして、それを剥いて渋皮煮にしたり栗ご飯の準備をしたりが私の仕事でした。
利平という栗が好きだったな。

栗を拾いながらずんずん奥に行くと、上物ではないですが、ボレーという種類のキノコを見つけることが出来…
b0199497_523516.jpg

ついでに、なんとなく赤いボレー?もしくはサタン?というものも一つだけ別袋に採取したり。
赤いキノコ、半分に切ると直ぐに青くなり、チューブの下にブルブが無かったのでボレードサタンではないと思うけれど、私たちは初心者。
帰りに、薬局で見てもらいました。
でもね、薬局の人も見てくれたけれど、そんなにキノコに詳しくなさそうで…ちょっと…やっぱり…不安だな。
b0199497_516682.jpg

もう、食べられなくっても森の中のキノコの可愛いこと!!見てるだけで楽しくなる。
b0199497_519033.jpg

またまた沢山のキノコのおかげ?で、我夫、珍しく又森に行く気になってくれました!!
b0199497_5204772.jpg

今度こそ、午前中に出発できるかな?
b0199497_501755.jpg

帰ってきてから、パンを覗くと!!
発酵ややオーバー!慌ててオーブンを点火して…
こんな時、自然酵母は便利ね。
少しぐらいオーバーしても何とかなるし、オーブンがなかなか温まらなくても焦らなくていい。
日本で使っていた私のガスオーブン、点火して数分で余熱完了出来たのに、今のオーブンときたら…
ガスなのに、15分も20分も掛かる…
それに、あまり大きな型を使うと、火元に近い所に置く事になり、底だけが焦げるので、あまり高温に出来きません。
そうなると、型の中は思った焼き色がつかない!!
これ、2斤型だからなぁ…
b0199497_562921.jpg

でも、おうちパンは美味しく食べられればそれでいいから、新しいオーブンを取り付けたキッチンが出来るまでは、それでよしと自分に甘く…
[PR]

by usa-fr | 2012-10-31 05:28 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

森にお散歩!   

先週から2週間のお休みを取っている夫。
朝は二人でのんびりだらりと過ごしてから、森にサキを連れてお散歩に行ってきました。
ほんのちょっぴり、きのこが採れたらいいなぁ。
朝一番ではない事と、週末明けということで、食べられるきのこの期待は出来ないけれどね。
b0199497_642485.jpg

もう、森の中には沢山のきのこが生えていましたが、もちろん!食べられる木の子は採りつくされた後。
地面をほじくった後がいたるところにあったから、このスポットは運がよければ、きのこが見つかりそうです。
b0199497_6878.jpg

次回のお楽しみかな。
b0199497_654762.jpg

ブツブツの生えたキノコも可愛いでしょ!
サキは嬉しくて走る走る!
さて、この森に生える沢山の木の子をみて夫、明日も森にお散歩に出かける気になったようで嬉しいな!

寒い日には、暖かなものが食卓に上がるようになりました。
b0199497_693385.jpg

こちらではお馴染み、アンディーブのグラタン。
アンディーブ、ちょっぴりほろ苦くて慣れるととっても美味しいお野菜です。
生でサラダで、火を通してお料理に付け合せにといろいろ使えます。
スーパーだと、そんなに物は良くありませんが、1キロ2ユーロ以下で購入できたりで、節約ご飯に大助かり!!
b0199497_6112945.jpg

グラタンのレシピも、お湯で茹でてからのものと、蒸し焼き?蒸し煮にしてからの物がありますが、私はほんの少しレモンを絞ったお湯で柔らかくしてからグラタンに。
ハムも、安いジャンボン・ド・パリで十分です。
b0199497_6144325.jpg

ベジャメルに、チーズを入れたモルネーソースで。
熱々を、ハフハフしながらいただくのです。
簡単でとっても美味しいのでこれからの寒い季節には、我が家の食卓に、たびたび登場します。
[PR]

by usa-fr | 2012-10-30 06:17 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

我が家のパンケーキ!   

b0199497_7505758.jpg

今朝はとっても寒かった~!
駐車場にあったどの車も、しっかり凍ってた!!
b0199497_7523097.jpg

久しぶりに朝食はパンケーキ!(ホットケーキ?)
小麦粉とお砂糖等を混ぜて。
いつもはバナナの輪切や、りんごのスライスを入れるのですが、今日は何も無かったので、ドライアプリコットを小さく切って。

我が家のパンケーキレシピ、下のほうに載せて起きますね。

今日から冬時間。
日本との時差は8時間になりました。
b0199497_7435728.jpg

昨日は、夫の同僚の結婚式に(市役所のみで)出席したものの…
いろいろ悪い心配事が起きなければいいけれど…
騙されていないといいねと誰もが心の中で願っていたような…
身内の出席は無く、滞在3年目らしい新婦(留学生らしいけれど)の友達の出席も誰も無し…
英語は全く、フランス語もあまり分からない…
コンセルバトワールに行っているらしいけれど…
私の友人はコンセルバトワールの入学試験の為ににフランス語をしっかり学んでいたけれど、入学試験にフランス語が必要の無い母国語だけでOKな音楽学校があるのかな?
新婦の保証人の年配の男性も…スニーカーにパーカー
言葉が分からなくても同じ国の人達と固まっているから問題なく生活しているようだけれど…
夫の友人は酷い欝をここ何年か患っていて仕事にも酷い支障が出る状態が続いています…
知り合ったのはネットでほんの数ヶ月前(夏ごろらしい)…
慌てるように決まった結婚式にもビックリしたよ。
セレモニー中も、食事中も新婦の女性、とってもクールで嬉しそうな様子も無く…

夫=騙されていても彼の鬱が良くなれば…
皆そう思ってるのかな?
b0199497_7481716.jpg

心からお祝いできない席に出席するのは疲れた…
b0199497_7472195.jpg

そんな疲れた夜はトッピングをたくさん入れたかぼちゃのスープを食べながら、夫と二人で又ブツブツブツ…

-----------------------------------------
それでは、我が家の簡単パンケーキレシピです。

パンケーキ(ホットケーキ)2人分

小麦粉    100g              粉類は、よく混ぜておきます。
(フランスだとtp45、もしくはtp55)
砂糖      20g
BP        3g
塩      一つまみ(約1g)        天然塩を使ってね。普通のお塩は辛いので少なめに。
卵         1個             牛乳と卵は混ぜておくと簡単です。
牛乳      100cc
バニラエッセンス  

バター       20g(溶かす) 25g程入れるときもあったりで適当です。

お好みで、果物を入れてくださいね。
バナナの輪切や、りんごのスライスも美味しいです。
バナナをつぶしてピュレにしたものも。
ソフトタイプのドライアプリコットも刻んで入れると甘酸っぱくて美味しいですよ。

作り方

1、粉類をボールの中に入れます。
2、1の中に卵と牛乳を混ぜたものを入れさっくり混ぜ合わせます。
  最初は慣れるまで、卵と牛乳をしっかり混ぜておいたほうが生地を練ることなく作ることが出来ます。
3、溶かしバターの入った容器に、2の生地を少量混ぜ合わせてから、2のボールに入れ全体を混ぜる。
  バニラエッセンスも忘れずに。
4、バナナや、果物を入れざっとあわせる。
5、フライパンにバターを入れ、チリチリと音がしてから生地を流しいれる。
火加減は、中火で生地表面に、気泡が出来てきたらひっくり返す。
b0199497_7555961.jpg

火加減も、弱火よりも少し火加減が強いかな?というぐらいのほうが、生地がぷっくり持ち上がってふっくらしたものに仕上がります。

焼きあがったら、お好みでメープルシロップをかけて。
果物を入れると、その甘みでシロップは少なくても無くても美味しく頂けますよ~。

日本なら、お安く簡単にホットケーキの基が手に入るので、わざわざ小麦粉から計量してつくろうなんて思わないだろうけれど、家に常備できる材用でも、意外と美味しく出来るものです。
気が向いたら、一度試してみてくださいね。
[PR]

by usa-fr | 2012-10-29 08:12 | 美味しい! | Trackback | Comments(2)

秋晴れ!   

b0199497_6242650.jpg

今日は、朝から気持ちよく晴れてくれました~!
b0199497_6254679.jpg

そんな朝のお散歩は、とっても軽やかに~。
b0199497_6221243.jpg

普段、を見つけて写真に~と思っても、直ぐに遠くに行ってしまって撮れません。
でも今朝は、何とか!

b0199497_627345.jpg
商店街を歩いていると、菊の花を売っていました。
秋になると、どこの花屋さんでも色んな菊が店先に並びます。
こんなこんもりした菊を見ると、菊人形を想像してしまったり…
今頃、日本のあちらこちらで、菊人形展が開催されているのかな?
今は亡き母方の祖父は、毎年大きなとっても素敵な菊の花を咲かせていました。
綺麗だったなぁ…。
b0199497_6303033.jpg

公園では、大きくなった木の剪定を ばっさばっさとしていました。
b0199497_631208.jpg

そして、その場で切った枝をウィ~ンと機械にかけて小さな木屑に~。
この木屑、道の脇の木の根元などに撒いてあったりします。
運搬も楽だし、直ぐに景観対策に使用できるし、効率的な作業ですね~
フランスにしては、なんて珍しい!効率的なお仕事!!
でも、あたりに飛び散り漂うほこり?は半端じゃない!

お天気がいいと、気分もよくって何でも素敵に見えてしまう。
b0199497_6361065.jpg

部屋の中にも小さな虹色の光を見つけてわくわくしていたら、サキがやってきてよっこらしょと…
b0199497_6372296.jpg

邪魔でしゅか?
b0199497_6402458.jpg

そういえば、なんだかちょっとまぶちぃ…

b0199497_6413536.jpg

ゆうがたの陽の光も暖かくて…

日曜日から、弟の引越しのお手伝いで出かけていた夫が、ギターを持って帰ってきました。
どうやら、夫ギターを練習するつもり?
早速、ギターケースから出して音を合わせていると!?
b0199497_6435923.jpg

サキ、ギターの音が怖くて、ちょっと離れた隣の部屋の隅で…
最初は、怖くてオロオロ隠れ場所を探してあっちに行ったりこっちに行ったり。
その後、2階に一緒に上がっても、音を出すと直ぐに、すたこらと逃げて行っちゃいました~。
時々、部屋の隅からそ~っと覗いてみたり。

案外気の小さいサキ、初めて聞くギターの音は、とっても怖かったようね。
掃除機にも随分慣れてきたから、ギターの音にもそのうちね!
[PR]

by usa-fr | 2012-10-26 06:52 | 咲希 | Trackback | Comments(0)

日本の優秀なオーブンが欲しい!   

b0199497_034592.jpg

先日マンゴー酵母でパンを作ったときに、元気すぎたトマト酵母で作った食パン。
b0199497_02701.jpg

実家のお隣の一宮市にある、天然酵母パンのお店のトマト食パンが美味しくて。
同じようなパンを食べたくて作ってみました。
お店のはうっすらとピンク掛かっていたので、今度はストレート法で再挑戦。
でも、優しい味に仕上がって美味しかった!

以前にも書いたけれど、日本のオーブンと違って、私のオーブンは下火しかありません。
ファンもついていないのです。
おまけに上面にガスで火をつけて使用する、グリル機能が(全く使用していません)くっついているので、天板などを 上のほうにセットすることも出来ません。
なので、このオーブンでお菓子やパンを焼くときにはいつも悩みます。
お料理のような大雑把な調理にはこれで十分なんですけれど。

このオーブン、下火しかないので、あまり温度を高くすると底だけ焦げたり…
温度が低いと美味しい焼き色がつかなかったり…
早く、新しいキッチンを隣のサロンに作って、もう少しましなオーブンが欲しい…
出来るなら、日本で使っていたお気に入りのリンナイのガスオーブンが欲しい…
日本の家電、優秀です。
b0199497_0283076.jpg

パンを作りながら作った紅茶のお菓子。
少し軽いお菓子があるといいな!と作ってみました。
小さな型で何も考えずボーっと焼いていたので、ちょっと焼きすぎてしまいました。
小分けにして、冷凍保存!

注文した冷凍庫、何時になったら届く!?

b0199497_0295249.jpg

昨日は、週に一度の絵付けの日。
金を入れて焼きあがり…

帰りにあったがっかりな出来事。

パリに出ると、時々目の見えない方が、白い杖をついて歩いているのを見かけます。
普通の道ならばあまり気にしないけれど、大きな駅や階段の多い所はなるべく声をかけるようにしています。
昨日も、丁度帰宅ラッシュ時に、マグレブ系の青年が杖をついて…
駅に入る入り口で、まず扉を探すのに苦労していました。
通り過ぎた私ですが、いつもの様に戻って声掛けをしてからお手伝いをしたのですが…
これが白人女性ならば結構な確立で誰かが声をかける可能性があるのですが、黒人の方やマグレブ系の人に対してはその確立がうんと下がるようで…
これで何人目だろう…
その方が乗る電車まで、人で溢れている中を誘導している時に、『すみません』と、行く手を開けてもらえたらと(目の見えない方を誘導しているので、一人の時のように右や左に人ごみを簡単に避けながらすばやくは動けないために)若い白人女性(フランス人だと思うけれど)に言った時に、返ってきた言葉。
睨んで『前見て歩きなさいよ!』=あなたがよけて歩きなさいよと…それもとっても冷たく…
こういった女性には良く出会うけれど…
前見て歩いているから、ぶつからずにいられるんですけど…

結構な確立で、こういった嫌な女性に出会うので、パリの女性は苦手です。

以前も半身がまだ麻痺している状態でうまく歩けない黒人男性が、息子と駅の階段を一生懸命下りようとしている横を通り過ぎ行く人たち…
階段を踏み外して落ちたらとだtれも考えないのか…
普段から駅を利用している人ならばどこにエレベーターやエスカレーターがあるのか分かっているはず。
この時も遠くにいたのですが、エレベーターがある所までご一緒したけれど…
もし、白人の方が同じ状況だったら、誰かが声をかけていたのでしょう…

昨日もお手伝いをしながら、人種差別が根底に残っているのを痛感した午後でした。
[PR]

by usa-fr | 2012-10-25 00:49 | 美味しい! | Trackback | Comments(0)

久しぶりに自然酵母パン!   

b0199497_2339432.jpg

今日は、朝からとっても良いお天気です!
b0199497_23414436.jpg

観光クルーズ船が今日も停泊中。
b0199497_23474542.jpg

大きな船でしょ!?
いつか、私もこんな船でクルーズしたいな。
長雨で、洗濯物も溜まっていたので急いで洗って干しました~。
でも、この辺り、セーヌからの湿気もあり、かな~り湿度が高いけれど、しっかり乾いてくれるかな?
後は明日、残ったサキの毛にまみれたサキマットや、サキタオル類を洗えば完了!!
b0199497_23434691.jpg

すっかり葉が落ちたマロニエですが、来年の為の新芽の塊がこんなに大きくスタンバイ。
自然の生命力は素晴らしい!
b0199497_037355.jpg

時々出かけるウサギのすんでいる散歩道。
サキにとってはとってもいい運動になるので止める訳にはいかないけれど…
きちんとフロントラインで、ノミやダニ対策をしているのですが、ウサギの落としたノミを拾ってしまうようで…
ノミも取り付いて直ぐに死ぬわけでないので、生きている間に吸血作業をします。
なので、サキ『痒い痒いかゆ~い~!!』と、バシバシッと何度も何度も後ろ足で激しくカイカイしております。
液体フロントラインも用意しているので、お尻の辺りにも追加で噴霧。
そんな散歩道ですが、久しぶりのお天気、今日も今から出かけてきま~す!
b0199497_002196.jpg

頑張れサキ!ノミに負けるな!!
今度、ノミ取りシャンプーも買っておくね!
b0199497_0201551.jpg

『かあしゃん、本当ですね!!約束でしゅよ!痒いんだから!!』
b0199497_2353796.jpg

面白半分で作ってみたマンゴー酵母と、トマト酵母。
b0199497_23551694.jpg

これでパンを作ってみたくて、昨晩仕込んで・・・冷蔵庫に入れておやすみ~
今朝、起きてから外に出して作業を続け…
b0199497_0135792.jpg

…オーブンを覘いてみたら、ひとつ爆発してた~

トマトのパンは、今日仕込む予定だったのですが、あまりにも元気のいい中種だったのでこれも夜中に。
だって、ビンからあふれる予定じゃなかったのに、溢れてたの。
b0199497_23514895.jpg

冷蔵庫を開けたら、キャ~!!

これで美味しく出来上がったら、レシピが出来上がる~。
b0199497_23454020.jpg

…たくさん酵母がありすぎて、使いきれないっていうのに…
お庭で取れたりんごの皮と芯。
捨てられなくって、ビンに入れて可愛がっていたら酵母が出来た!
勢い良く泡が出ているので、又パンつくりですな。

注文した冷凍庫、いつ配達されるんだろ??
[PR]

by usa-fr | 2012-10-23 00:39 | 美味しい! | Trackback | Comments(4)

焦げたお鍋とかぼちゃの皮。   

も~フランスの秋、冬は大嫌い!
ずっとお天気が悪く…
木曜日の夕方、何故かアフリカで飲んだお酒、Amarulaで作ったスプリングボックが飲みたくなって…
夕食を作る前に一杯!
b0199497_694147.jpg

アフリカのお酒Amarula(アマルラの実でできたお酒ですが、カルーアのような風味です)と、バナナのリキュールを半々に入れて最後に少しだけクリームを
これを一口にクィッと!おいしぃんだぁ~!これが!
アフリカの、サバンナ?のロッジのバーで飲んでお気に入りになりました。
これを飲むと、その場面が蘇るのです。
美味しいけれど、アルコール度数は結構高いので要注意!

アルコールのおかげかこの日はルンルンと調子よく夕食の準備が進んでいたはずでした。
なんたって、木曜日は夫の趣味の合気道がある日。
なので、夕食は帰宅後11時過ぎ、電車に乗り遅れると12時ごろの可能性もあるので、お野菜一杯の軽いものを準備するのです。
夫の大好きなかぼちゃの煮物もおなべでことこと音を立てて…
しかし~、ちょっと油断して、この長雨でストレスのたまったサキの相手をしていてすっかりかぼちゃのお鍋を忘れてた!!
激しく遊びながら、う~ん、なんだか香ばしくていい香り~なんて…
…???香ばしいって!?っと、思ったときには遅かった!
b0199497_6115014.jpg

お鍋のそこがまっ黒~
幸い、かぼちゃの皮は救出出来ませんでしたが、実の方には焦げた味が移っていなかったので、皮一枚をおなべにくっ付けたまま実だけを救出!
お鍋、見事に焦げた…

重曹を入れて暫らくに煮立て、洗って、煮立て…
ブラシで軽くこすって、こびりつきをある程度落としてから、重曹を湿布しながらスポンジの柔らかい面でこすっておこげを落としました。
重曹湿布してからこすると、ステンレスのお鍋に傷がつく事も無く、綺麗になってくれるのです。

義母は、金だわしでガリガリ!グワッシグワッシ!やっていたけれど、私は大事なお鍋に傷が、たくさん出来るのが嫌でこの方法です。

久しぶりに焦がしたお鍋のことをアップしようと思っていたら、偶然にもkotoriさんのお鍋もSOS!
大事なお鍋、無事に綺麗になるといいね。
b0199497_6372669.jpg

b0199497_618334.jpg

今朝の、セーヌにて
b0199497_6221317.jpg

久しぶりのヌートリアの子供。
b0199497_6244655.jpg

顔は可愛いんだけれど、尻尾を見るとまさにドブネズミのお友達。
この尻尾が無ければねぇ~
b0199497_6281953.jpg

道に落ちていた瀕死?のミツバチも、花のある所まで運んで乗せてあげたら必死に舌を伸ばして蜜を探し始めた!
お腹が空きすぎて、動けなたかったようですな。
花の少ない季節は、こういったお腹の空いた蜂がよく落ちています。
そして、今日は絵付け教室の日。
b0199497_6333277.jpg

必死で線を描くも見事に線がぶれました!
絵を描くよりも、線を描くほうが難しい~!神の筆?が欲しい!
[PR]

by usa-fr | 2012-10-20 06:48 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(6)

憂鬱な雨   

今日は、朝からずっと雨…
昨日は、何とか晴れてくれたけれど、10月に入ってからよく雨が降ります。
雨が降った日や、道路が濡れている日のお散歩はとっても憂鬱。
憂鬱なのは、私だけでなくサキも同じ。
b0199497_2173511.jpg

だって、お散歩の後はpetite doucheが待っているから。
濡れても楽しいお散歩から戻って、24キロほどあるサキをヨイショっと抱き上げ2階のお風呂場まで連れて行く事が重くて憂鬱な私。
b0199497_2192340.jpg

それから中腰で格闘することも…
b0199497_21101894.jpg

サキは、シャワーが嫌いで不機嫌な顔をして固まります。
日本のお風呂場だったらどんなに洗うことが楽だろうと毎回思いながら、雨の日は、朝晩必須。
途中で、お気に入りわんこに出会って引っ繰り返って寝そべった時は迷わず全身シャンプーです。
あ~憂鬱な季節がやってきた。
b0199497_21234163.jpg

壁を覆う葉も、少しずつ赤い色に変わって来ています。
これからどんどん赤くなっていきます。
b0199497_20452799.jpg

b0199497_21163011.jpg

マロニエ(栃の木)の実も、あちらこちらに落ちています。
b0199497_20461528.jpg

風の強い日は、マロニエの下を通る時はとっても緊張するのです。
だって,マロニエの実が突然降ってくるのです。
イガのある栗よりはマシだけれど、当たったら痛いでしょ。

このマロニエの実(栃の実)割れているのをみると、ホックりした黄色の美味しそうな色をしているではありませんか。
アクが多くて、食べられないけれど、見ると栃の実煎餅が食べたくなったり。
でも、頑張って、アクを抜いて作ってみる気はおきません。
b0199497_20383444.jpg

お散歩の途中に、かりん?(coing)マルメロ?の木がある家もあります。
b0199497_2041360.jpg

今は、未だ香ってきませんが、しっかり熟してくると、とっても甘くて素敵な香りが漂い、ここを通るたびに素敵な気分になれるのです。
そんないい香りをずっと嗅いでいたくて、立ち止まったりすることもよくあります。
日本では、全く見向きもしなかったカリン。
運良く義実家に行った時にお庭から貰ってきたり、市場でいい香りのもに出会った時には、カリン酒にしたりジャムにしてみたり。
義母の作る、PATE de coingは、とっても美味しいけれど残念ながら、作り方は秘密のようです。
[PR]

by usa-fr | 2012-10-08 21:38 | 咲希 | Trackback | Comments(6)

満月!   

日曜日のお月様はとっても綺麗でした。
b0199497_7555097.jpg

日中はゆっくりのんびり市場にお買い物に行ったり、ブロカントに出掛けたり。
市場では、お魚屋さんでおもわぬ大きなお買い物をしたり…
珍しく、養殖でないタイが売っていました。
閉店間際のなじみのお店。
お店の叔父さんも、「残っている2匹買ってくれたら安くするよ。」
天然物なので、迷わず買うことに。
1,6キロ位で、16ユーロになりました。
追加で、イかを買おうとしたら「安くするから全部いらない?」
値段交渉をしたところ、19ユーロが12ユーロに。大きなイカが5杯です。
b0199497_758136.jpg

近所にお魚屋さんがないので、お掃除をして冷凍保存です。
そのほかにもサーモンや、サラダ用の茹で海老も。

天然物の鯛、小さな貝を食べていたようで、お腹の中には沢山の小さな貝殻が詰まっていました。
養殖物で、貝が詰まっていたものは今まで無かったな。
イカも、お食事中だったようで、小さな小魚が入っていました。

そういえば、そう遠くないところでブロカントをやっているから行ってみようかということになり…
出掛けるのが遅いので、ブロカントも閉店間際に到着~。
b0199497_80486.jpg

特に何かを探しに行ったわけではないので、ぶらぶらと残り物を見ながらお散歩です。
でもね、残り物の中にも使えそうなものがありました。

陶器の大きな壺?をゲット!
物は、良くないけれど、傘立てに丁度いいのを見つけました。
お値段交渉して8ユーロ。
b0199497_645839.jpg

b0199497_661115.jpg

その他雑貨を少し。
それから、エクアドルへの援助?フェアトレードのようなテントで、エクアドルの作家が出品した小さな額を2つ。
b0199497_672058.jpg

中の絵は、コピーではなく、水彩画です。
b0199497_694071.jpg

b0199497_6111461.jpg
このブルーの額の中に、自分で刺繍した、ピーターラビットを入れ替えるつもり。
帰りには、沼地のある森に、サキのためにお散歩にたちよりました。
b0199497_835124.jpg

ノバラの、赤い実です。
ストレスが溜まっていたのか、走る走る!
ウサギ?を見つけて、森の中に走り去っていたり。
思いっきりはじけていました。
b0199497_821772.jpg
b0199497_813847.jpg

一緒に遊んだワンちゃんは、カナダからやってきたそうです。
モントリオールには、犬も放して散歩できる、囲われた広い公園があるそうです。(羨ましい。)
一見犬に優しそうに思われているフランスですが、案外、犬立ち入り禁止の場所がとっても多い気がするわ。


帰り道、いつもの風景がとっても綺麗だったので、途中で車を止めて 歩行者専用の橋に上って夫と二人、写真タイム。
b0199497_812826.jpg
b0199497_893847.jpg

三脚無しでの夜景は、ぶれぶれです。
[PR]

by usa-fr | 2012-10-02 08:20 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)