<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

汚いお話、臭いお話   

さっき、せっかく記事を書いたのに画面の上にあった新規画面を使用するなんてところを触ってしまって全部消えてしまった!!
邪魔だよ!!こんな所に、新しいシステムの誘導!!って、愚痴なんか書いたりしてみたよ。

気を取り直して・・・
文章だけですが。

数日間、忙しくパリへ行ったり来たりの日々の中で再認識した事を。
こちらに来て色んな場所で感じるくさい臭い。
犬や猫の物でない…。
(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)なんで!?

電車やメトロ、乗り換え通路や街の中、もちろん古い建物の片隅でも・・・
その原因を目撃した事も多々。
きちんとした身なりの紳士だったり若者、女性だった事も!!
なんでかなぁ・・・

そう遠くない昔、パリにはトイレが無かった。
アパートの中になんてトイレは無かった!
なので、窓から外に捨てるのが普通だったからその名残なのか!?
パリに無かったのだから、当然地方にもなかったのでしょう。
あの華やかなベルサイユ宮殿にも無かった!!
なので、あのふんわりしたドレスは、隠れてこっそり何をするのにはもってこいの衣装だったとか・・・
お風呂に、いや、シャワーを毎日浴びる週間も此処最近の事。
こちらに来た当初は本当に人も臭かった。
夏は辛かった・・・
未だに1週間に一度だって人もいる国だからしょうがないのかな・・・

とある寒い日の夕方、パリから戻って電車を降りてホームを歩いていると目の前に奇妙な夫婦?カップルが歩いてた、それも変なポーズを取りながら。
50代後半か60代前半と思われるお二人…
男性がタバコを片手に悪態をついている女性の首根っこあたる部分の服をつかんでしっかり持ち上げて。
ただの酔っ払い???ではな無かったぁ~
ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~
女性の腰の辺りが滲みてる~多分大きなおもらし!!
電車やメトロの中でヒヤッとするくらい強く臭って一瞬自分が座っている席を疑う事も何度もあったけど、実際そうであろう姿を目撃すると・・・ショック!

この女性が降りた後、電車の座席はどうなったんだろう・・・
日本のように毎回清掃した痕跡の無い電車(前の晩からのごみが散らかりっぱなしで運行してると思うの。)

とある晩、夜寝る前のサキのトイレタイムから家に戻る途中、目の前を歩く数人の若者のうちの一人が、お隣さんの家の前の柱に向かって…
多分、沢山飲みすぎて酔っ払っていい気分で帰る途中だったみたい。
意地悪な私、その後ろに立ち止まって思わず明るく言っちゃった。
自分の家の前ではないけれど、『あの~、其処私の家の前なんだけどぉ~!!とっても困るんだけどぉ~!』って。
いやね、心の中では臭いじゃないかコノヤロゥ!!他人の家の前で、用をたすな!!と言いたかったけれど、我慢我慢。
楽しく明るく笑い話のようにね。
お友達数人に笑われながら、あわてて立ち去ったガキンチョ。
これに懲りて、止めてくれると良いな。(ま、無理だけど。)

翌日から数日間、もちろん何処はお水で何度も流しましたよ。
お隣といえ、臭って来たら嫌でしょ。

フランスの人々って、まるで犬や猫みたいよね。
・・・でも最近の犬は、人よりマナーが出来ているのかもね。

デモね、これって普通に長く暮らしてないと中々出会えない光景なのかも。
日本に住んでいるときはこれほど臭いで嫌な思いをする場所がなかったけれど、此処フランスはすっごいよ~!!あっちこっち!!
誰か、ガイドブックに載っていないフランスなんて本、書いてくれないかな。
きっと笑って楽しめると思うのは私だけ?
[PR]

by usa-fr | 2013-11-18 06:58 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(6)

お家ご飯の会のお話   

先月のある晴れた日
b0199497_050896.jpg

フランス人のお嬢さん2人を迎えて、簡単和ご飯の教室をさせて頂きました。
(写真はすっかり忘れたの~)
3姉妹の予定でしたが、お一人急に都合が悪くなり・・・
18歳と19歳の女の子お2人さん。
女の子といってもとっても背の高い可愛らしいお2人。
大きくて、緊張しちゃいました。(自分が小人に思えた…)

急なキャンセルは困るけれど、今回は良かった!
なにせ、姉妹。
それも夫の上司の娘さん。
講習代を2倍払い、(もしくは3倍だった)姉妹で同じものをと思うと何だか申し訳なく感じてしまいます。
美味しく食べてもらいたいと思ったので、お肉とお魚、どちらがいいか聞いてもらいました。

事前調査?でお料理をした事があるのか?嫌いなものは無いのか?和食は食べた事が有るのかなど夫に利いてもらえないかとお願いしたのですが・・・
夫、面倒くさくて協力してくれない!!(夫が勝手に引き受けてきたんだけどな…怒)

無難に皆が好きそうな物をピックアップして、品数も少し増やしてみました。(1家族で、2倍の料金は気にしなくても良いけれど、気になるのよね。)
食材も、お醤油は勿論、お抹茶まで一通り使いやすいものを使って、家でも作ってみたくなるように。

フランスの家庭には、日本で普通にある包丁をおいてある家庭は珍しいのです。
なので、包丁はとっても怖い道具だったようでした。
最初は、お米の洗い方、御なべでの炊き方も…
鰯の手開きもお見せしたのですが、気持ち悪かったようで…離れていきました。
なので、新鮮なのを見つけたらお魚屋さんに頼んでね!と。

一通り終えて、お昼ご飯タイム。
すべてが初めての味だったにもかかわらず『美味しい!』とつぶやきながら完食!そしてお代わりまで。
デザートはほんのり甘い抹茶のパンナコッタ。
こちらも気に入って頂けたようで、余分に作ったものをお土産に。
b0199497_045098.jpg

試食だけですが、秋の定番栗ご飯もとっても気に入ってもらえたみたい。
試食だけのはずが、一番のお気に入りのようだったので、残りはお土産にもって帰ってもらったよ。
緑茶のほうも、多くのフランスの方は苦いといってお砂糖を入れるのですが、こちらも美味しいと飲んでくれましたよ。

良かった、普通のおうちご飯気に入ってもらえて。
後日、会社にて上司の方から、娘たちがとっても喜んでいたと聞いてほっとしたのでした。
[PR]

by usa-fr | 2013-11-18 00:49 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

駆け足の1ヶ月   

ふぅ~!
何だか忙しかった数週間、いや1ヶ月。
何とか落ち着きました。
その間にあった色んな事、少しずつ・・・。
b0199497_23323695.jpg

相変わらず、忙しさにかまけて畑のほうはストップしたまま。
でもね、蒔いた種は芽を出してすくすく育ってくれてます(嬉!)
b0199497_23334313.jpg

大根は、ビニールで覆ってあげないと寒さで徒長してしまうのですが、未だ覆ってない!!
写真は10日ほど前のもの。
b0199497_23343458.jpg

ねぎも、ほうれん草も、水菜もね!
b0199497_23363947.jpg

先月は、サロンドショコラもありましたね。
b0199497_23371534.jpg

私は、お友達とプロフェッショナルのほうに行ってきました。
気になる素材は沢山あれど、プロ用です。
購入単位が大きすぎて買えません!!
日本のように、気の利いた食材の小売が無いのが悲しい!
ナッツ50キロなんて、消費できない!!

一般のサロンドショコラには、予定が合わずに行けませんでした。
今年は、日本から色々なショコラティエの方が参加されていたようですね。
来年は、予定をあわせて行ってみようかな。

その数日後にはお友達の料理研究家、長谷川裕子さんがパリに到着!
彼女とは、コルドンで出会って以来のお友達。
気さくで、ダイナミックな素敵な女性なんです。
b0199497_2346329.jpg

パリで受けた色んな講習会の面白いお話を聞いたり、美味しいものを食べたり、笑ったり。

それにあわせてもう一人のお友達、同じくコルドン、その前の語学学校からのお友達Rちゃんも、急遽ニースから参加!
3人そろったのは、11年ぶり?
でも、そんな年月を感じることなく楽しく時間は過ぎて行きました。
b0199497_2341405.jpg

最終日は、裕子さん未体験の冬のフランスの大定番食。
超手抜きご飯、ラクレットを皆で一緒に楽しんで。

食べて飲んで沢山笑って、素敵な夜となりました。

裕子さん、又美味しいお話しましょうね!
[PR]

by usa-fr | 2013-11-17 23:47 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)