再びピカルディー地方へ   

週末は再び、ピカルディー地方にお友達家族と旅行に行って来ました。
b0199497_23495698.jpg

初めてのシートベルト体験!
待ち合わせは、château de rambures.
b0199497_065335.jpg

先に着いた友達家族はガイドと一緒にお城の見学をしていました。
b0199497_0122964.jpg

その間、お城の周りをくるくる巡って散策です。
b0199497_0172281.jpg

お城の敷地には、バラ園もあります。
b0199497_0195179.jpg

その後、主人が見学へ。
私は、サキと一緒なので中には入れません。
我慢です、
見学してきた主人の話によると、コレクションが凄かったと。
当時、油絵を書くためにエジプトから取り寄せたミイラの足があったそうです。
このミイラの足、削って絵の具と?混ぜて絵を描くの使ったとか…
b0199497_0222358.jpg

アミアンに向かいながら池を巡り…
のんびりしていたらあっという間にレストランの予約時間が迫ってきました。
車をレストランの近くの通りに止め、ちょうど設置されていた移動遊園地を少し散策です。
b0199497_0244669.jpg

私たち日本人から見るとなんともお粗末な遊園地。
こんな設備で満足できるなんて…でも、料金は高い!
b0199497_027845.jpg

この亀すくい。プラスチックの亀を網で10匹すくって3ユーロ。17匹すくって5ユーロ。
ただ、くるくる水の流れに沿って回っているのをすくうだけです。
そしてもらえるおもちゃは、日本の100均で買えるような物。高すぎる…
b0199497_0294113.jpg

中にはこんな美味しそうに焼きあがっている子豚ちゃんの丸焼きでお客を誘うお店も。
b0199497_0335252.jpg

そろそろ予約時間。レストランへ…
お店の方もとっても親切で犬にもやさしくって、一同わくわく期待したのですが…がっくり。
お魚メインのコースをとったのですが、前菜のラングスティーン、臭くて腐る寸前?と思わせるようなカルパッチョ。
食べられなかった…
メインもなんだかかすかに魚のリミットを感じさせるにおいがするような…
ほうれん草のソースも色が悪くさえない。
デザートもいただけない・・・。
b0199497_03732.jpg

一同、文句を言う元気もなく店を後にしました。
このお店、星はありませんがミシュランに載っています。評価も高評価。
やっぱり、フランスのミシュランはあてに出来ない。
b0199497_0422557.jpg

その後お目当ての、アミアン大聖堂のライトアップを観賞し、ホテルに向かう途中から気分が悪くなり、ホテルに着くなりトイレに直行の私。

6月15日から9月中まで、アミアン大聖堂のカラーのライトアップが行われます。
当時の大聖堂、こんなに色鮮やかな着色がしてあったそうです。
b0199497_0492573.jpg


大聖堂の入り口で、皆を待つサキ。
翌日は、雨。天気予報で、UV指数70パーセントとあったので、小雨ぐらいだろうと考えていたのですが、ドシャブリに近い。
サキは、カッパを着て散策に出発です。
この日の目的は、船上市場。当時を再現して、年に1度だけ再現されるのです。
b0199497_0541647.jpg

しかし、この大雨の為、中止のようでした。
もぅ、ずっと楽しみにしていたのでとっても残念です。

散策中、すれ違う人々が皆、サキを振り返ります。その目は、カッパに釘付け。
フランスで、カッパを着て歩いている犬に出会うのは多分マレです。どの犬も皆、ずぶぬれで歩いています。
特にずぶぬれの犬を連れた飼い主さん、ずっと先のカッパを見つめたまま立ち止まって観察しています。
b0199497_0573663.jpg

多くの人に「なんて素敵な犬。きれいな犬。」と声を掛けられたサキと飼い主はご機嫌です。

お昼過ぎに、アミアンを出発し最終目的地Gerberoyへ。
b0199497_11151.jpg

雨の中、せっかくのバラも上手く写真に収められず、バラの香りもあまり楽しめず…
b0199497_144367.jpg

村は、とっても可愛く素敵でした。
我が家からは、車で1時間ほどの所なので、近いうちに再びお散歩を楽しみに来るよていです。
やっぱり、この街でもサキは皆に見つめられ…
この村、日本人の方々も多く訪れるのか、「Chien japonais」なんて、いわれちゃいました。
来た時は、車でいっぱいだった村の駐車場も、私たちの車だけがポツンと私達を待っていました。
b0199497_19760.jpg

雨も運良く止んでいたので、内緒でサキを放してあげたら走る走る!
b0199497_1105883.jpg

帰り道、最初は名残惜しそうに外を見つめていたサキ。
最後は爆睡してました。
[PR]

by usa-fr | 2012-06-29 01:19 | | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://usausafr.exblog.jp/tb/18506647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by exmouthcoco at 2012-06-29 06:39
今年は雨が多いものね…。楽しみにしていた催し物がなくなると本当にガッカリ、よね。
Gerberoy、冬に行ったけれど、絵を描く父が大いに気に入って…バラの季節にまた行きたいな~と思ってました。
昨日、FR2で「お勧めのフランスの美しい村」の番組をやっていて、このGerberoy、17位だったかな?
サキちゃんのカッパ姿、かわいいね~~。
ウチの子は脚が短いので、カッパがズブズブになってしまうと思うわ~~。(笑)
Commented by usa-fr at 2012-06-29 16:58
cocoさん、こんにちは!
雨は自分でコントロールできないのでどうにもならないけれど来年は晴れるかな。
Gerberoy、バラの季節がお勧め!先週末はバラ祭りだったのよ。雨でお客は少ないといっていたけれど駐車場は一杯だったわ。是非是非、バラの季節に行ってみて。バラの花が一杯で、癒されるわよ。絵を描くなら、お客が多くてゆっくり描けないかもしれないけれど。又、夏の終わりのバラの花の季節に行くつもりです。

サキのカッパ、妹の犬のお下がりでちょっと大きいから前足のところ巻き上げてあるの分かるかな?裾上げしなくては?
大雨の時は重宝するわよ。きっと日本だったら、ミカちゃんにぴったりのものがあるとおもうよ。
ミカちゃん、短毛だから少しぐらいの雨ならへっちゃらかな?

<< 日本の夏のような一日 Fete de la music. >>