革命記念日。   

昨日は、7月14日革命記念日でした。
13日の晩は、地元の花火を楽しみました。
少し小高い、テラスと呼ばれるところに行き観賞。
b0199497_255233.jpg

湿気が多いせいか、煙で花火がかすんで…
此処から、お隣の街や向こう遥か彼方、パリに近いところの花火まで見えちゃったり!!
あちらこちらで、ド~ン、パ~ン!
b0199497_2591282.jpg

隣町の花火、セーヌにも映ってるの。
花火が始まった途端、森の中にいた野鳥達はパニック!!ごめんね。 
b0199497_335331.jpg

花火が終わってから、美術館の前の広場ではコンサートが始まっていました。
残念ながら、降ったり止んだりのお天気の為、観客はまばら…
b0199497_364416.jpg

屋台は、たったの1つ。(日本のお祭りが懐かしい~!)
このコンサート、結構うるさかったのですが、夜中2時過ぎにサキのトイレに外に出た時も歌ってました。
きっと朝方までグループが変わったりして歌っていたんだろうな。

当日14日、本当はパリに行って観賞しようか?なんて言っていたのですが、人込みの凄さを考えると乗り気でなく、テラスから観賞することに。
b0199497_3141385.jpg

この外人部隊、きこりの斧をかついでるよ。
まず、午前中は、テレビでパレードの観賞です。
b0199497_3154958.jpg

その間、何度も編隊を組んだ戦闘機や、ヘリコプターが我が家上空付近を通り過ぎて行きました。
このパレードを見ていると、フランスは軍事国家なんだなぁと、実感。
戦車や、武器や…
小さな時から、これを見ていると愛国心が強くなり、兵士に志願する若者も多いんだろうな。
実際、こういった軍事物に子供が触れる機会のあるイベントも多かったりするし。
何だが複雑。

当日、パリだけが花火と思っていたらあちらこちらでも。
b0199497_3302682.jpg

やっぱりパリは遠すぎて小さくしか見えなかった。
来年は、頑張ってパリまで行かなくては!かな?

フランスはこの時期バカンスがあちらこちらで始まっています。
当然、市場も交代でお休みを取ります。
なので、今日でおやすみに入るお肉屋さん、お肉を格安大放出~していました。
此処のお肉は、柔らかくってとっても美味しいの。
b0199497_348169.jpg

いつもだったら、1k28ユーロ程するローストビーフ用の固まりお肉も、持ってけドロボ~状態のお値段。
3kg程の色々な部位のお肉を 約1kg10ユーロ程で購入。
(もっと買っておけばよかったと、ちょっと後悔。)
大きすぎるステーキ用のお肉は一人分ずつにカットし、ラップに来るんで冷凍庫に。
鶏肉屋さんでも同じく大放出~!
ホロホロ鳥のモモ肉も骨から外し、骨は、だしをとって…
本当は、フェルミエの鳥、丸ごと1羽、いや、2羽ほど欲しかったけれど、保管場所がないので断念。
冷蔵庫の中はもう一杯です。
大きな冷凍庫が早く欲しいな。
来年の楽しみに取っておこう。
[PR]

by usa-fr | 2012-07-16 03:57 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://usausafr.exblog.jp/tb/18620138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 冷蔵庫にあるもので… 合気道 >>